Bash on Ubuntu on WindowsでLAMP開発環境を構築

Windows 10 Anniversary Updateが配信開始されたので、早速アップデートしてBash on Ubuntu on WindowsでLAMP開発環境を構築してみました。

Windows 10 Anniversary Updateをインストール

普通のWindoows Updateでは更新されなかったので、下記ページよりダウンロードしてインストールします。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12387/windows-10-update-history?ocid=update_setting_client Windows 10 Anniversary Update

こちらの「Anniversary Updateを入手する」ボタンからインストールできます。

Bash on Ubuntu on Windowsを有効にする

「Windowsの機能の有効化または無効化」から「Windows Subsystem for Linux (Beta)」をチェックし、「OK」ボタンをクリック

Windows Subsystem for Linux 有効化

PCを再起動し、Cortanaに”bash”と聞くとbashが出てくるようになります。こちらをクリックしてbashが実行できます。

bash

または「C:\Windows\System32\bash.exe」を直接実行してもOKです。

初回bash起動時にUbuntuのダウンロードを行います。”y”を入力してエンターキーを押下します。

ubuntu ダウンロード

ダウンロード完了後ユーザー名とパスワードを入力します。

ubuntuインストール

設定中に文字化けすることが有りますが、フォントを変更することで解決しました。タイトルバーを右クリックしてプロパティを選択 → フォントタブで変更可能です。

フォント変更

設定が完了したら”exit”と入力して終了します。スタートメニューに「Bash on Ubuntu on Windows」ができていればインストール完了です。

スタートメニュー

開発環境構築

インストールしたBash on Ubuntu on Windowsで開発環境を構築してみます。今回は基本的なLAMP環境+バージョン管理(git)のをインストールします。

apacheインストール

Bash on Ubuntu on Windowsを起動し、下記コマンドを入力してインストールします。

sudo apt-get install apache2

インストールが完了したら以下のコマンドでapacheを起動します。

sudo service apache2 start

ブラウザで”localhost”にアクセスし、下記画面が表示されていれば成功です。

apache初期画面

MySQLインストール

今回はMySQL5.6をインストールします。UbuntuではデフォルトでMySQL5.5がインストールされるので、先ずaptのリポジトリを更新します。

下記コマンドでaptリポジトリ更新用ファイルをダウンロードします。

wget http://dev.mysql.com/get/mysql-apt-config_0.7.3-1_all.deb

最新版はMySQLのサイトから確認してください。

ダウンロードした設定ファイルからMySQL5.6でインストールするようにリポジトリを更新します。

sudo dpkg -i mysql-apt-config_0.7.3-1_all.deb

上記コマンドを実行すると下記画面が表示されますので、「MySQL Server」の項を選択してエンターキーを押下します。

aptリポジトリ更新

「MySQL 5.6」の項を選択してエンターキーを押下。

aptリポジトリ更新

「Ok」を選択してエンターキーを押下し終了します。

aptリポジトリ更新

下記コマンドでaptリポジトリを更新します。

sudo apt-get update

aptリポジトリ更新後、下記コマンドでMySQLインストール。インストール中にrootのパスワードを聞かれますので、入力してください。

sudo apt-get install mysql-server

インストール後下記コマンドでMySQLを起動します。

sudo service mysql start

MySQLにログインしてバージョンを確認します。無事MySQL5.6がインストール出来ました。

mysql> show variables like 'version';
+---------------+--------+
| Variable_name | Value  |
+---------------+--------+
| version       | 5.6.32 |
+---------------+--------+
1 row in set (0.00 sec)

PHPインストール

phpは下記コマンドでインストール出来ます。

sudo apt-get install php5
sudo apt-get install php5-mysql

phpはバージョン5.5.9がインストールされます。

gitインストール

gitもapt-getでインストールします。

sudo apt-get install git

gitはバージョン1.9.1がインストールされます。

Windowsファイルとの共有

Windowsのドライブは/mntにマウントされています。Cドライブのファイルには/mnt/cでアクセスできます。Windowsとファイルのやり取りをするにはこちらのマウントディレクトリを使用しましょう。

Linuxファイルの場所

インストールしたLinuxファイルの場所は「C:\Users\<Windowsユーザー名>\AppData\Local\lxss」の中にあるようです。こちらのファイルをWindows上から直接操作しても「Bash on Ubuntu on Windows」には反映されなかったです。エラーの原因になりますので、直接Windows上から編集するのはやめましょう。

最後に

ソッコーでxamppは消しました。

コメントを残す